主婦が自己肯定感を高めて返り咲くキッカケ作り。

ごあいさつ

全ての主婦に自己肯定感を高めてほしい

みなさま、はじめまして。「謙虚な欲張り」を管理しているユーミです。
私は3人の子どもを持つ平凡な家庭の主婦ですが、どーしても他の主婦の方々に気づいてほしい思いがあって「謙虚な欲張り」を立ち上げました。

人は自己肯定感が高いと、自分にも現状にも満足できるようになります。誰かのために役に立っていると感じることで、まわりの人に優しい気持ちになれます。

自己肯定感の高い人が増えると、必然的に優しい人も増えます。優しさは連鎖するので、優しくされた人は他の人にも優しくできるようになっていきます。
氷のように冷たく鉄のように硬く心を閉ざした人でも、優しい人にふれあうことで少しづつ心が解けていくのです。

毎日、家事や子育てや親の介護や仕事などで自分の時間を持てず、イライラしながらモヤモヤしながら頑張る主婦にこそ自己肯定感を高めてもらいたいのです。

主婦が優しいと、夫も子どもも優しい気持ちになれます。ご近所や会社や学校や友達の輪でも優しい連鎖が発動します。
優しい人間であふれた世の中になれば、平和で幸せな世の中になることは簡単に想像できると思います。天災こそ防げなくても、人災や犯罪や欺罔(人を欺く行為)は減ると確信します。

では、自己肯定感はどうすれば高められるのでしょうか?1人独学で高められるものなのでしょうか?

いろんな方法があると思いますが、一番手っ取り早くてやりがいがあると思うのは「仕事をすること」です。仕事を通じて社会の役に立つことが実感できると、自己肯定感も高めることができます。

何かと制約や制限のある主婦が「私も何かやりたい!」と前向きになれるような情報を発信していきます。時間はかかるかもしれませんが行動することを止めない限り、現状よりもっと上のステージに必ず到達できます。

私自身も目標に向かってまっすぐに進んでいる真っ最中です。いつかみなさんと、その道のりをお茶しながら話し合えるママ友になりたいと考えています。

以前は妻失格、母失格、社会不適合者で人間嫌いでした

【ハンドルネーム】ユーミ
【本名】藤沼優美(ふじぬまゆうみ)
【出身地】京都
【現在所在地】埼玉
【家族構成】
夫(昭和45年生まれ)
私(昭和48年生まれ)
長男(平成11年生まれ)
次男(平成13年生まれ)
三男(平成22年生まれ)
【趣味】読書、DIY、家の間取りを考えること。
【性格】
大体の人は第一印象で「しっかり者」というけど実はそうでもない。でも思ったことを声に出していうことはできるタイプ。知らないことを知るための向上心はある方で常にネットでググるタイプ。
苦手なモノは幽霊やお化け全般(霊感はないけど怖い)それと海(東日本大震災の津波の影響)
【私の半生】
両親共働きで0歳児から保育園に預けられる。公立の小学校・中学校・高校を卒業後に社会に出る。
1つの職場で長続きせずやりがいのある理想の仕事を求めて転職を繰り返す。大人になってから集団に合わせて生きることが窮屈だと気付く。
結婚・離婚・再婚・3回の出産に2回の流産を経験。

なぜ、妻失格・母失格・社会不適合者で人間嫌いだった私が自己肯定感を高めることに気づいたのか?
ここの話はまたどこかでゆっくりお話ししたいと思います。

2017年1月 戯言「自分VSマインドマップ」に半生をちょっと綴りました。