主婦が自己肯定感を高めて返り咲くキッカケ作り。

主婦こそ起業!個人事業主でクレジットカードを賢く利用する方法!

ご利用は計画的に。

起業して毎日増えてく売上高を眺めて、ウハウハな気分に浸ってばかりはいられません。
ビジネスには「収支」がつきものです。「収入」があれば必ず「支出」もあります。

商品仕入れや備品・消耗品も必要ですし、交通費や家賃や人件費がかかる業種もあります。
それらの経費はどうやって支払っていますか?

現金で払うこともあるだろうし、請求書が送られてきて振込することもあるでしょう。
そんな支払いを簡単便利で、さらにはもっとお得になる情報をお届けします。

スポンサード リンク

クレジットカードのメリットとデメリット

個人でクレジットカードを所有していますか?
実際にそのクレジットカードをどれくらいの頻度で利用していますか?

クレジットカードを賢く利用すると、とってもメリットがあることはご存知でしょうか?
買い物するときに現金が不要になるので乱用すると危険ですが、ちゃんと金銭管理のできる方には個人事業主になってもクレジットカードの利用をおすすめします。

  メリット

  • 業務上の支払いに現金を用意しなくて済む
  • 支払い日が月に1度(クレジットカード引き落とし日)で済む
  • 現金払いの領収書がなくなり、カード利用明細書で税務処理できる
  • カード会社のキャンペーンやステージアップ・ポイントアップに参加できる
  • 貯まったポイントで支払い額を相殺したり、備品や消耗品を仕入れられる

 デメリット

  • 現金で支払う感覚がないため使いすぎる
  • ひと月にどれだけカードを利用したのか把握できなくなる
  • 常に借金を背負ってる感覚になってしまう

 

本来クレジットカードとは「信用による貸付販売をしてもらえるカード」という意味です。
信用を裏切る行為をすると即座に貸付販売は打ち切られ、今後同じカードは作れない可能性もあります。

逆に「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」のように、カードを保有しているだけで”コンシェルジュサービス(※1)”や”空港ラウンジサービス(※2)”など一般客よりも上位サービスを受けられることがあります。これは各カード会社が「この人は信用できる人ですよ」って証明してくれているのと同じなんですね。

※1:コンシェルジュサービスとは、ホテル・旅行・チケット手配など色んな場面での煩わしい予約・手続き・手配を代行してくれるサービス。”コンシェルジュサービス経由は上客”と見られることが多く、海外先でも手厚く対応してくれることが多いそうです。
※2:空港ラウンジサービスとは、搭乗前の待ち時間を一般客用ロビーではない別室で過ごせるサービス。ソフトドリンクが飲み放題だったりアルコールを用意してくれるラウンジもあるそうです。

まぁ、主婦の起業に「ゴールド・プラチナ・ブラックカード」保有は実用的じゃありません。
よく利用するスーパーでクレジット付帯のポイントカードを作る感覚で良いと思います。

だけど使わないクレジットカードを無駄に何枚も保有するのはデメリットでしかありません。

各カード会社共有の信用情報には、「クレジットカード保有枚数」も記録されています。
カード1枚の利用可能額が上限100万円だとして3枚持っていると、それだけで300万円の借金を背負っている(背負える)ことと同じ評価をされます。

実際に夫が2軒目の家を購入する際、ローン担当者から「持っている不要なクレジットカードは解約してください」と言われました。おそらく1軒目の住宅ローンがあったので、借入限度額の枠がギリギリだったのでしょう。少しでも枠を拡げるために提案してくれたのだと思います。その時は2枚のクレジットカードを解約しました。

複数枚のクレジットカードを保有しているなら、厳選して1枚か2枚に絞り込むほうが賢明です。
これからクレジットカードを作る方は、できるだけ自分のニーズに合ったクレジット会社を選ぶようにするといいですね。

 

クレジット会社の選び方


クレジットカードの決済機能として上記の国際ブランドが有名です。
「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMERICAN EXPRESS」「Diners Club International」が、5大国際ブランドと呼ばれています。
日本では一番使えるお店が多い「VISA」「MasterCard」が使いやすいと思います。

クレジットカードには「銀行系」「信販系」「流通系」「航空系」「交通系」「メーカー系」などたくさんのカード会社があります。
銀行や企業などが上記5大国祭ブランドを「決済機能」として付帯してクレジットカードを発行しているわけですね。

異なる2枚のクレジットカードでも「決済機能」は同じブランドだったりするのです。
決済機能よりも発行会社によってサービスや特典が大きく違ってきます。
すでに保有しているクレジットカードにはお得な特典は付いていますか?

 

icon-arrow-circle-right 銀行系クレジットカード

各銀行が発行するクレジットカードです。中にはクレジット機能がキャッシュカードに付帯した一体型タイプもあります。
カード画像をクリックすると各カード会社のホームページがご覧頂けます。

三井住友VISAカード

三井住友銀行発行のカード
【年会費1,250円+税】
※初年度無料
※次年度以降は条件クリアで無料
●諸条件をクリアするとATM手数料(コンビニ提携ATMは月4回)が無料になる
●クレジット一体型キャッシュカードあり
●入会時キャンペーンあり

三菱東京UFJ-VISA

三菱東京UFJ銀行発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●諸条件をクリアするとATM手数料(コンビニ提携ATMは月3回)が無料になる
●年間利用金額に応じてポイントアップあり
●他にクレジット一体型キャッシュカードあり
 みずほマイレージクラブカード
みずほ銀行発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●諸条件をクリアするとATM手数料(コンビニ提携ATMは月4回)、振込手数料(本支店あては無制限、他行あては月1回)が無料になる
●年間利用金額に応じてポイントアップあり
●他にSuica機能付き、電子マネー機能付きカードあり
 J BANK カード
ゆうちょ銀行発行のカード
【年会費1,350円】
※初年度無料
※次年度以降は条件クリアで無料
●クレジット一体型キャッシュカード
●他にETC、iD、WAON、PiTaPaなど追加可能

 

 

icon-arrow-circle-right 信販系カード

昔でいう「割賦販売」「月賦販売」などの信用販売をはじめたのがこの信販系です。
「ライフ」「オリコ」「セゾン」「セディナ」「ジャックス」などが有名です。

信販会社単独で発行もしていますが、いまは銀行やお店に参入した形での発行が多くなっています。
ポイント付与によるサービスが充実していることが特徴です。

カード画像をクリックすると各カード会社のホームページがご覧頂けます。

オリコカード

オリエントコーポレーション発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●利用金額に応じてポイントが貯められる
●ポイント高還元率カードがある
●多数の店舗と提携したカードがある
●iDやQUICPayなどの電子マネーが追加できる
●女性向けデザインあり

セディナ(OMC)

セディナ発行のカード
【年会費1,000円+税】
●利用金額に応じてポイントが貯められる
●ダイエー、イオン、セブンイレブン、イトーヨーカドー利用で毎日ポイント3倍
●貯めたポイントはnanacoポイント、Amazonギフト券などに交換可
●入会時キャンペーンあり
●ハローキティのデザインが人気
 セゾンカード
クレディセゾン発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●利用金額に応じてポイントが貯められる
●永久不滅ポイントが特徴
●多数の店舗と提携したカードがある
●入会時キャンペーンあり


icon-Icons

icon-arrow-circle-right 流通系クレジットカード

大型店舗やネットショッピングモールなどで発行されているクレジットカードです。
各店舗利用の特典が豊富に用意されているのが特徴です。

カード画像をクリックすると各カード会社のホームページがご覧頂けます。

イオンカード

イオンクレジット発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●WAON一体型カード
●イオン、マックスバリュ、ミニストップなど全国27万ヶ所の店舗でWAONポイントを貯められる
●普通のクレジット利用の場合はときめきポイントが付与される(WAONポイントに交換可)
●イオンにて毎月20日30日はお客様感謝デーで5%off
●入会時キャンペーンあり
セブンカード
プラス
セブン&アイ発行のカード
【年会費500円】
※初年度無料
※前年度5万円以上利用で翌年度も無料
●クレジット利用でnanacoにチャージすると200円1ポイント付与
●セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズなどでポイント3倍
●7net、アリオ、SEIBUSOGOでポイント2倍
●イオンにて毎月8日18日28日はハッピーデーで5%off
エポスカード
(マルイカード)
エポスカード発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●マルイをはじめ全国7000店以上の飲食店、遊園地、カラオケ、美容院などで割引される
●ETCも無料で発行
●クレジットで貯まったポイントをエポスVISAプリペイドカードにチャージすると全国3800万ヶ所のコンビニ、スーパー、飲食店、ネットショップで利用可
●入会キャンペーンあり
●デザインカード多数あり
ファミマTカード
ファミリーマート発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●Tカード一体型クレジットカード
●カードの日(火・土曜日)はポイント最大5倍
●全国のTポイント対応店で現金払いでもポイントカードとして使える
●貯まったTポイントは店頭で1ポイント1円で使用可
●TSUTAYAレンタル入会金無料クーポンがもらえる
●その他に入会キャンペーンあり
●Tポイントカードからの切り替え可
ローソンカード
クレディセゾン発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●ローソン利用の場合はPontaポイント高還元率
●nanacoや楽天EdyにチャージするとPontaポイントが貯まる
●クレジット利用の場合は1000円5ポイント付与
●貯まったPontaポイントは店頭で1ポイント1円で使用可(マイルにも)交換可
●ETCも無料で発行
 コストコオリコ
マスターカード
コストコ発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●コストコ会員年会費は別途必要
●利用金額に応じてポイントが貯められる
●入会時ウエルカムキャンペーンあり
●コストコで使えるクレジットカードは、コストコオリコマスターカードの他にコストコグローバルカードのみ(AMEXは2018年1月31日をもって使用できなくなっています)
楽天カード
楽天発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●常時キャンペーンがたくさんある(エントリー要)
●スーパーポイントアッププログラムで更にポイントアップ可
●楽天市場ではポイント4倍
●楽天ポイント機能付きカードなら現金支払でもポイント付与
●楽天ポイント加盟店、楽天Edyチャージ、ETC利用でもポイント付与
●家族カード発行も無料
【YJカード】

Yahoo!Japan発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降も無料
●Tカード一体型クレジットカード
●Yahoo!ショッピング、LOHACO利用で毎日ポイント3倍
●Yahoo!プレミアム会員は毎日ポイント4倍
●他にもストアポイント倍率が加算される
●ヤフオク利用でもポイント付与
●Tポイントカードからの切り替え可(複数のTポイントカードを合算も可)

 

icon-arrow-circle-right 航空系・交通系・その他のクレジットカード

航空系、交通系に特化したクレジットカードも発行されています。
普段から航空機や電車利用が多い方には便利です。
ビジネスで車を利用することが多いなら、ガソリンカードやETCカードにもサービスや割引がほしいですね。

カード画像をクリックすると各カード会社のホームページがご覧頂けます。

JALカード
JAL発行のカード
【年会費無料】
※次年度以降2,160円
●マイルを貯められる(交換手数料無料)
●ディズニーデザイン、Suica機能付きのカードも選べる
ENEOSカード

エネオス発行のカード
【年会費1,250円+税】
※初年度無料
※「スタンダード」は年1回の利用で次年度も無料
●ENEOS Cカード=キャッシュバック優先(利用金額に応じてガソリン代が安くなる)
●ENEOS Pカード=ポイント高還元率優先(貯まったポイントはガソリン代や景品と交換可)
●ENEOS Sカード=CとPのバランスが良いスタンダードタイプ
●家族カード発行は無料
●ロードサービスを利用できる
●カーコンビニ倶楽部での修理代5%OFF、オリックスレンタカー10%OFF
個人事業主・法人向けのETC専用カード
高速情報協同組合発行のETC専用カード
【出資金10,000円】※脱退時に返却
【カード発行手数料540円/枚】
【取扱手数料540円/年】
【必要添付書類】
・法人→商業登記簿謄本(写し可)
・個人事業主→所得税確定申告書(写し可)
・車検証(写し)
・ETC車載器セットアップ証明書(写し)
●車をよく使うビジネスには便利なカード
●曜日や時間帯に応じて割引適用になる
●ETC専用カードのためショッピング利用は不可(従業員に持たせやすい)
首都・阪神高速ETCコーポレートカード

首都高・阪神高速に
特化したETCカード
 高速情報協同組合発行のETC専用カード
【出資金10,000円】※脱退時に返却
【カード発行手数料617円/枚】
【取扱手数料617円/年】
【必要添付書類】
・法人→商業登記簿謄本(写し可)
・個人事業主→所得税確定申告書(写し可)
・車検証(写し)
・ETC車載器セットアップ証明書(写し)
●首都高・阪神高速を良く利用するビジネスに便利
●通常のETC割引より更に最大20%割引
●ETC専用カードのためショッピング利用は不可(従業員に持たせやすい)

 

クレジットカードを作るときの注意点

主婦が起業して経費管理のためにクレジットカードを作るには、ちょっとしたコツが必要です。

本来、個人事業主は会社員ではありません。当然、クレジットカード申込書の職業欄には「自営業」と書くことになります。
自営業の所得を証明するためには確定申告書(会社員で言うところの源泉徴収票)が必要です。
売上が安定していて継続的に収入があると見なされないと、クレジットカード審査で落ちてしまいます。

「あぁ、私名義じゃクレジットカードを作るのは無理か・・・」

そんな主婦でも旦那さまが会社員ならラッキーです!
旦那様に安定した収入があれば、「専業主婦」でも申し込めるクレジットカードがあるのです。
利用可能額の上限やキャッシング利用など制限がかかる場合が多いですが、起業当初の毎月の経費くらいは落とせる額はあると思います。

icon-asterisk イオンカード
icon-asterisk 楽天カード
icon-asterisk スーパーのクレジットカード機能付きポイントカード

上記のカードは主婦でも比較的作りやすいカードです。

他にも。
現在まで使っていた「Tポイントカード」をクレジット機能付き(ファミマカード、YJカード)に変更してもらうケースも比較的作りやすくなります。

もっと簡単なのは。
ご主人名義のクレジットカードの「家族カード」を作ることです。ほとんどの場合審査なしで発行されます。
ただし、請求は本会員のご主人名義に合算されますので、ご主人も使うクレジットカードなら「私用とビジネス」の区別がつきにくく混同してしまうことがあるかもしれません。

 

私が一番おすすめしたいのは、

  • まずはちゃんと開業届を提出して「個人事業主」になる
  • 1年間は地道に頑張って収入をあげる
  • 納める税金をちゃんと支払う(税金を払えるくらいの売上をあげるってこと)
  • 確定申告書の控えを堂々と「収入証明書」にする

これに限ります。

 

スポンサード リンク

ユーミ
マイナンバー制度が浸透すれば、個人がどこで何をしているか、嘘なのか本当なのか、全部筒抜けになるのでしょうか。

トップに戻る

主婦こそ起業!個人事業主でクレジットカードを賢く利用する方法! by ユーミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA