主婦が自己肯定感を高めて返り咲くキッカケ作り。

主婦こそ起業!ビジネスで失敗しない”商品”を決めるたった1つのルール

好きこそ物の上手なれ

フツーの主婦が、何もない状態から「私も起業してみたい」って思ったとき、真っ先に浮かぶのは「何を売ろうか」だと思います。世の中の需要と供給のバランスを考えて、商品を好きなように選べるのは起業ならではの醍醐味です。

スポンサード リンク

一般的に”商品”になるものは大きく分けて「物」「サービス」「知恵」の3つだと考えられます。この3つのうち、どの商品が一番儲かると思いますか?
答えは単純です。3つともやり方次第で儲かるし、やり方を間違うと失敗します。世の中に出回る商品を見れば一目瞭然ですよね。流行る「物」があれば、廃れる「サービス」もあります。「知恵」は希少価値があるうちは儲かりますが、多くの人が知っちゃうと全く見向きされなくなります。

主婦が起業するとき、何を商品に選べば失敗しないのでしょうか?

「物」「サービス」「知恵」どれを売るにしても、商品は「儲かる商品」よりも「自分が好きな商品」にすることが大切です。

誰も自分が嫌いな物を売りたい!なんて思わないでしょうけど、「特に好きじゃないけど儲かりそうな商品」ってのは結構あるんです。”原価率が低い”とかね。”量産できる”とかね。そんなオイシイ商品で起業をしちゃうと99パーセント長続きしません。

ビジネスって単純に右から左へ仕入れて売るだけでトントン拍子に売れるものではありません。他人の財布のヒモは想像以上に固いのが現実ですから。いかに魅力的な商品に見せるか、いかにお買い得感を持ってもらうか・・・もうね、試行錯誤の毎日なんです。事業が軌道に乗るまでは苦労の連続なのです。
そんな中で、大して興味ない商品を扱っていると”商品愛”がないせいでぞんざいな扱いになり、ビジネス自体の質も下がってきます。クォリティが低いと当然売上も下がり、モチベーションも下がり、失敗路線に一直線・・・

逆に「自分が好きな商品」なら、商品の魅力を一番良く分かっていると自負しているだけに、どんな逆境でも頑張れちゃいます。興味があるので最新情報には敏感だし、新しいアイディアもどんどん浮かんでくるでしょう?商品への”愛”は必要不可欠なのです。

自分の好きな商品でのビジネスが定着したら、新しいジャンルで冒険することが可能になります。新しいジャンルは「効率よく稼げる商品」でも問題ないのです。これが失敗したって本業がありますからね。

起業は「自分が好きな商品」で始めること。これが成功の秘訣です。

ユーミ
自分の好きな商品でビジネスができるなんて、とても幸せなことです。

トップに戻る

主婦こそ起業!ビジネスで失敗しない”商品”を決めるたった1つのルール by ユーミ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA